n10

MANAGEMENT

札幌監視運用・テクノロジー系

2011年入社

北海道出身。大学卒業後、都内の大手SIerに入社。物流関連システムの構築・運用業務に携わる。エンジニアとしてのスキル・経験を積んでいく過程で、「会社の成長をより身近で感じられる、かつ今以上にスピード感溢れる環境で仕事がしたい」という想いが膨らみ、2011年、JIG-SAWへ。現在は札幌コントロールセンターの拠点トップとして業務を遂行している。

「NO」と言わず、不可能に挑み、
私たちは未来を創り出す。

躊躇なく先端技術にチャレンジしていける
環境にいきたかった。

前職は、従業員数千人規模の大手SIer。日本中の物流網を支えるサービスを活用したシステム構築・運用に携わっていました。案件の規模も大きく様々なスキルを身につけることができたのですが、年次を重ねるごとに新たな想いが膨らんできました。物流という事業の特性上、失敗が許される環境ではなかったため、用いる技術も比較的安定したものや既に実績のあるものが中心。決められたルール内で業務を行うことは安定感がありましたが自由度が少なく自分自身も守りに入っていると感じました。常にチャレンジしながら成長していきたい、札幌に居ながら都内の会社と同じようなスピード感で仕事がしたいという欲が生まれてきたのです。そしてJIG-SAWを見つけました。2011年当時のJIG-SAWは、従業員2〜30名という会社でした。前職との規模感の違いに不安がありましたが、よりお客様を身近に感じ常にチャレンジしていく社風が私の考えに一致しました。決め手になったのは、面接での社長の山川からの言葉。「今のエンジニア界では、重要なポジションにも関わらずサーバ監視・運用を担うエンジニアに光があたっていない。それを変えていきたい」という話でした。そんなことを言ってくれる人は初めてで、自分が力を注いできた仕事をもっと世の中に広められると思いました。

“守り方”を進化させていく。

現在は、私の地元でもある北海道札幌にいます。SCC(札幌コントロールセンター)の統括として、エンジニアの仲間たちと24時間365日、クライアントのインターネットサービスを安定稼働させるため、クラウド・サーバ環境をメインに監視・運用する任務にあたっています。JIG-SAWに入社してからの約10年は、変化と進化を自分たちの手で創り出し続けてきたという時間でした。単にクラウド・サーバの監視運用といっても、その方法は日進月歩の進化を遂げています。例えば私たちのコア・テクノロジーでもある、A&A(Auto Sensing×Auto Control)と呼ぶ技術を用いた自動監視システム『puzzle』はエンジニアが人力でやっていた仕事のなかから、自動化できる部分はすでにシステム/ロボットが担えるようになっています。A&Aによるヒューマンエラー削減・効率化といった効果もさることながら、知恵と新しい発想が必要な仕事にこそエンジニアの能力を活かせるようになったのが喜ばしいことですね。もちろん、この自動監視システム自体も自社で開発しています。私たちの使命は一言で言ってしまえば“守る”ことではありますが、“守り方”を進化させていくためは常に挑戦し、新技術に貪欲であり続けなければいけないのです。

技術力は大前提として、その技術の前に、
クライアントを大事にするという
仕事スタンス。

私たちが使命感をもってクライアントのクラウド・サーバを守り抜くのは、クライアントに安心してビジネスを展開していただき、本業に注力していただくためです。それによってクライアントが新たなチャレンジを果たし新ビジネス・新サービスを創造することができれば、それもまた私たちが守らせていただく。そんな関係性をクライアントと築くのが理想です。そのためにも私は、困っているクライアントに絶対「NO」とは言いたくない。前例のないことにも臆せずチャレンジし、どんな苦難にぶつかっても、どんなに泥臭くても最後までやり抜く。それが、クライアントに寄り添うということだと信じています。JIG-SAWはチームとしてチャレンジし他社にない知見、ノウハウ、力を生み出しています。監視・運用も将来的にはクラウド・サーバにとどまらず、例えばIoTによって動いているデバイスごと監視するという未来も私たちは想定しています。“守り方”も、“守るべきもの”も時代の移り変わりによってどんどん変わっていくのです。グローバルを見据えるJIG-SAWなら、“守るべき場所”さえ、海を越えて広げていけるでしょう。私たちと一緒にスピード感をもって楽しみながら成長してみませんか。皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています。

READ MORE

n10

MANAGEMENT

Sapporo Monitoring/Operations・Engineering

Joined in 2011

He was born in Hokkaido, Japan. After graduating from university, he joined a major system integration company in Tokyo, where he engaged in the construction and operation of logistics-related systems. In the process of building up his skills and experience as an engineer, he realized that he wanted to work in an environment where he could feel the company's growth more closely, in an even faster-paced environment. He is currently working as the head of the Sapporo Control Center.

Never say "no," challenge the impossible.
That’s how we will create the future.

I wanted to be in an environment where I could challenge myself with cutting-edge technology.

My previous job was at a major system integrator with several thousand employees, where I was involved in the construction and operation of systems using services that support the logistics networks throughout Japan. The scale of the projects was large and I was able to acquire a variety of skills, but as the years went by, I began to have new thoughts. Due to the nature of logistics, it was not an environment that allowed for failure. This meant that the technology used was always relatively stable, already proven to be good. Working within a set of rules gave me a sense of stability, but I felt that I had little freedom and was always on defense, never making my own attempts at new challenges. I wanted to grow more, and I also wanted a job with the same quick pace as a company in Tokyo while staying in Sapporo. Then I found JIG-SAW, which in 2011 was a company with 20 to 30 employees. I was worried about the difference in scale between JIG-SAW and my previous job, but the company culture of feeling closer to customers and always taking on new challenges matched my way of thinking. The decisive factor was the words of the CEO, Mr. Yamakawa, at the interview. He said, "In today's engineering world, the engineers in charge of server monitoring and operations are in an extremely important position, but they aren’t in the spotlight. I want to change that.” That was the first time anyway had said something like that to me, and it made me believe that I could do more to spread the work I've put so much effort into out into the world.

Innovating protection.

Currently I work in Sapporo, Hokkaido, my hometown, where I am in charge of the SCC (Sapporo Control Center). We monitor and operate cloud server environments with my fellow engineers 24 hours a day, 365 days a year to ensure the stable operation of our clients' internet services. The past 10 years since I joined JIG-SAW have been a time of change and evolution which we have continued to create with our own hands. The way we monitor and operate cloud servers is constantly evolving. For example, our core technology, "puzzle," an automatic monitoring system that uses A&A (Auto Sensing x Auto Control) technology, has already enabled systems/robots to automate parts of work that used to be done manually by engineers. Aside from the benefits of A&A in reducing human errors and improving efficiency, we are also happy to see that engineers are now able to utilize their abilities for tasks that require wisdom and new ideas. Of course, the automatic monitoring system itself was developed in-house. In a word, our mission is to protect, but in order to evolve the way we protect, we must always take on challenges and continue to be eager to learn new technologies.

While technical skills are a prerequisite, our work stance is to take care of the client before the technology.

Our mission is to protect our clients' cloud servers, so that they can focus on their core business with peace of mind. If the client is able to take on new challenges and create new businesses and services, we can help protect those new services as well. This is the ideal relationship that we like to have with our clients. For this reason, I never say "no" to a client in need. I am not afraid to take on unprecedented challenges, and no matter what hardships I encounter, no matter how stubborn, I see it through to the end. At JIG-SAW, we take on challenges as a team and create knowledge, know-how, and strength that no other company has. In the future, monitoring and operation will not be limited to cloud servers, but we also envision a future where we can monitor every device running on the IoT. "How to protect" and "what to protect" will change rapidly with the changing times. JIG-SAW, with its global perspective, will be able to expand to even the "where to protect". Why not join us for the ride? I’m looking forward to meeting you.

READ MORE