n08

DEVELOPMENT

札幌開発・テクノロジー系

2019年入社

北海道生まれの北海道育ち。学生時代は生命工学科を専攻。生物学とプログラミングを組み合わせた学業に力を注いだ。好奇心旺盛でストリートダンス、サッカー、釣り、キャンプ、スケボーと多趣味。現在は、エンジニアとしてJIG-SAWの自動監視・制御システム『puzzle』の開発を担当。

溢れる好奇心と探究心が、
すべての仕事を楽しくする。

「どれだけ未来に希望を持てて、
ワクワクできるか」が就職活動の軸だった。

どんなときにワクワクするか。それは、自分にとって未知の世界に触れたときです。何が起こるか、何が飛び出すか、自分の想像力を超えた可能性を目の当たりにすると、抱えきれないほどの期待が自分のなかで膨らんでいきます。JIG-SAWとの出会いもまさにそうでした。企業ホームページを見ても、当時の自分には知らない単語がいくつも並んでいたのですが、それが自分にとっては逆に魅力的に思えたのです。10年前ですら、今のこの世の中を完璧に想像できた人がいなかったように、この先世界がどう変わっていくかは誰もわからない。でも間違いなくJIG-SAWなら、変化の最前線に身を置ける。その後の面接なども通じ、私はそう確信したのです。
現在は、完全自社開発システム『puzzle』の開発を担当。『puzzle』とは、当社の『OPS』サービスの要となる、クラウド環境からIoTで繋がれたモノにいたるまですべてを、機械学習や人工知能技術を用いて自動的に監視・運用・制御するロボット型制御基盤です。クラウドやサーバ、デバイスまで自動で監視・制御する『puzzle』は、今後IoTが普及し、データ通信量も爆発的に伸張していく未来において、大きな価値があり、また強く求められていくシステム。大きなやりがいと可能性を感じながら、日々の仕事と向き合うことができています。

好奇心を抱き続けることで、
どんどん仕事は面白くなっていく。

私が仕事をするうえで大切にしていること。それは、仕事をいかに楽しむか、です。たとえば「この機能をこの仕様でプログラムできる?」といった仕事を依頼されたとき、求められるアウトプットを指示通りにこなすだけでは面白くありません。指示にはない別の可能性を探ったり、様々な“解”を検討したり、あるいは依頼された範囲外になったとしても付随する事象を調べてみたり。そうやって好奇心と探究心を全開にしていると、知らなかった世界が見えて、仕事がどんどん楽しくなっていく。JIG-SAWには、自分の範囲や領域を飛び越えて、のびのびと仕事や学びの機会を広げていけるカルチャーがありますから、自分次第でどこまでも好奇心を満たしていくこともできますね。新しいことを学び得るという意味では、エンジニア仲間との対話もとても有意義。JIG-SAWの先輩エンジニアは、何かわからないことを聞くとそこから派生する知識も「ついでに!」と教えてくれることが多い。すごく勉強になるし、質問すること自体が楽しく思えてきます。だから仕事上はメールやチャットも活用してはいますが、なるべく顔を合わせて対話することを大切にしています。文面だけでは伝わらないニュアンスや温度感が伝わることで、かえって効率的に仕事が進むというメリットもありますね。

未来を見いだす力と、今を見つめる力。

先駆者には、二つの力が必要だと私は考えます。一つは、未来にアンテナを伸ばし、まだ見ぬもの・まだないものを追い求める力。もう一つは、今を見つめる力。今この社会がどんな環境でどんな技術が生まれているのかを確かに把握していることも大切だと思うのです。まず今を知らなければ、未来で本当に必要なもの・価値のあるものを見つけることは不可能ですから。その二つの力を磨くことで、私はJIG-SAWを世界に広げていきたい。JIG-SAWのサービスは、すでに社会のいろいろな場所で活用されていますが、これからが本番。5年10年後、世界のあらゆるモノ・空間にJIG-SAWのサービスが、技術が、“入っている”という形にしていきます。「世界中のITサービス、ほとんどJIG-SAWが関わっているよ」という会話が普通にされるような未来を築いていきたいですね。
社会人となって様々な経験をすると、凝り固まった価値観が身についてしまったり、“常識”というものに縛られて挑戦をやめてしまったりする人もいるかもしれません。でもJIG-SAWは違う。壮大な夢を語り、その夢を本気で追いかけている人たちが集まっています。どこよりも仕事を楽しみ、それだけでなく来たる未来が楽しみになるような場所が、ここにあります。

READ MORE

n08

DEVELOPMENT

Sapporo Development・Engineering

Joined in 2019

He was born and raised in Hokkaido, Japan. As a student, he majored in Biotechnology. He focused his academic efforts on combining biology and programming. He loves to try new things and enjoys street dancing, soccer, fishing, camping, and skateboarding. Currently, as an engineer he is in charge of the development of JIG-SAW's automatic monitoring and control system "puzzle."

An overflowing sense of curiosity and
inquisitiveness makes everything I do fun.

The main metric for my career choice was “how much hope and excitement I would have for the future.”

When do I get the most excited? It’s when I am exposed to a brand-new world. That's exactly what happened to me when I came across JIG-SAW. Just as no one could have perfectly imagined what the world would be like now even 10 years ago, no one knows how the world will change in the future. But without a doubt, JIG-SAW will allow me to be at the forefront of that change. Through the interview process before joining here, I was convinced of this.
Currently, I am in charge of the development of "puzzle," a system developed completely in-house. “puzzle" is a robotic control platform that automatically monitors, operates, and controls everything, from cloud environments to IoT-connected objects, using machine learning and artificial intelligence technology. It’s the key to our "OPS" service. The "puzzle" system, which automatically monitors and controls the cloud, servers, and devices, will be of great value in the future when IoT becomes widespread and the volume of data communication explodes. Every day, I know my work is contributing towards this potential.

Always be curious, and your work will become more and more interesting.

What is important to me at my job? It's how much I enjoy it. For example, when I’m asked something like "can you program this function with these specifications?” it’s not fun to just follow the instructions and produce the required output. It’s more interesting to explore other possibilities that are not included in the instructions, consider various "solutions," and even if it’s outside the scope of the request, investigate similar events. At JIG-SAW, the company culture allows us to go beyond our own scope and domain, and to expand our work and learning opportunities freely. You can satisfy your curiosity as much as you want. In terms of learning new things, dialogue with fellow engineers is important. I learn a lot from my coworkers. It's a great learning experience, and asking questions in and of itself becomes fun. That's why, although we often use e-mail and chat tools to communicate, I value face-to-face conversations. They have the advantage of conveying nuances and emotion that cannot be conveyed through text alone, which in turn helps us together work more efficiently.

The ability to see the future, and the ability to understand the present.

I believe that a path finder needs to have two strengths. One is the ability to extend one's “antennae” into the future and pursue what is yet to be seen and what does not yet exist. The other is the ability to look at the present. I think it’s also important to have a clear understanding of what kind of environment and what kind of technology is being created right now. If you don't know the present, it’s impossible to understand what will really be necessary and valuable in the future. JIG-SAW's services are already being employed in various areas, but our real work begins now. 5 to 10 years from now, I would like to see JIG-SAW's services and technologies in everything, all around the world. I want to build a future where it’s common knowledge to know that "JIG-SAW is involved in almost every IT service in the world.”
When you become a member of society and gain experience, you may develop an entrenched sense of values, or you may be bound by "common sense" and stop challenging yourself with new ideas. But JIG-SAW breaks this cycle. We are a group of people who have grand dreams and are serious about pursuing them. This is a place where you can not only enjoy your current work, but look forward to the future too.

READ MORE