n03

PROMOTE

東京技術・テクノロジー系

2018年入社

学生時代は経済学部ながらIT系のゼミに入り、アプリの企画開発に没頭。その一方、ボート部にも所属し主将まで勤め上げた。「幅広い業務を経験でき成長できる」、「<0→1>に関われる」、「若いときから裁量を持って、自由にのびのびと仕事ができる」という3つの軸で就職活動。現在は、プロジェクトマネジメント/プリセールスエンジニアとしての業務に携わっている。最近は、小中高と続けていたバドミントンへの熱が再燃。休日になると体育館を借りて、友人たちと汗を流している。

私たちは、未来を“受け取る側”でなく、
“創る側”にいる。

出来る・出来ないを考えるのでなく、
出来ることを前提にどこまでも思考する。

入社し配属後すぐから、安定的・効率的な運用手順を設計・整理しドキュメントにまとめ、札幌のエンジニアに繋げるというプロジェクトマネジメント業務を担ってきました。2年目からは、営業同行し技術的観点から助言・提案する、プリセールスエンジニアの仕事にも自ら希望しチャレンジ中です。入社3年目のとき、あるクライアントのサーバ保守案件を担当したことがありました。それまで他社がサーバ運用していたのですが、その運用手順が非常に煩雑でクライアントにもエンジニアにも大きな負荷・ストレスがかかっていました。そこで、その解決をJIG-SAWが担うことになったのです。混沌としていたフローをすべて整理整頓し、より良い手順を見つけ出すのは、非常に難易度が高いものでしたが、ひたすら手と頭を動かし、納期ギリギリまで粘って最善の道筋を発見。クライアントから「あなたが担当でよかった。これからもよろしく」という言葉をいただいたときは、本当にうれしかったですね。そうした信頼関係を築くには結果を出すことはもちろん、一つ一つの打合せ、一本一本のメールも重要な機会。打合せ前に、調査できるものは調べ尽くし準備を怠らないだけでなく、様々な要望に“出来る・出来ない”を安易に判断せず、“出来る”ことを前提にどうすれば出来るかを考え抜く。こうした一歩踏み込んだ行動の積み重ねが、パートナーとしての信頼関係を築いていくと思っています。

進化し攻め続ける、監視運用。

「IT環境を守ることで、クライアントに余計な不安を感じさせることなく存分にビジネスや仕事を楽しんでいただき、そして事業成長を果たしてもらう」という仕事の本質は昔も今も変わっていません。しかし、この領域は日々革新を重ねています。サーバ、クラウド、そして最近ではコンテナと呼ばれる技術も生まれています。旧来からのテクノロジーでは、到底、IT環境を守れるはずがない。常に最先端のテクノロジーを吸収し、駆使していくことが求められます。近年IT業界ではオブザーバビリティという概念に注目が集まっていますが、サーバやクラウドだけでなく、ユーザーが使用しているアプリのパフォーマンスまでモニタリングするという新たな付加価値の創造にも今後、チャレンジしていきたいですね。JIG-SAWは、未来に向けた革新への機会が実に豊富。IoT化を支える機会もあります。JIG-SAWが独自に開発したIoTエンジン『neqto:』。あらゆるマシン・デバイスをインターネットとつなぐためのソフトウェアですが、私は『neqto:』の監視設計も担当しています。一般的なMSP領域だけではなく、先端領域に挑むことができるのも、JIG-SAWならではの魅力です。

限界を決めず、そして恐れず、
未来を切り開いていこう。

「クライアントのためなら、何でもやる、何でもチャレンジする」というカルチャーがJIG-SAWにはあります。でも、入社当初の私はその考えに否定的でした。前例のないことや困難な要望まで引き受けたら、失敗したときにどうするのかと不安を感じていたのです。でもその不安の原因は、私の知識・経験不足でした。入社後、多くの案件を遂行し、エンジニアの人たちと関わってJIG-SAWの技術力を深く理解していくと、それまで「出来ない…」と諦めていたことを前にしても、「こうしたら出来る!」というアイデアが浮かぶようになったのです。限界を決めずチャレンジし創意工夫と努力を重ねる。そうすれば必ず変革を起こせるのだと今は前向きに考えられるようになりました。
モノも人も、すべてがインターネットとつながるSF映画のような未来は必ず来ます。そしてその未来を“創る側”に間違いなくJIG-SAWはいます。もちろん私一人の力で未来を創ることはできません。でも、仕事を通じて学び得たものを社内外にどんどん発信し、少しでも世界が前進していくことに貢献していきたい。JIG-SAWは、働く一人一人が何らかの問題意識を感じ、改善・改革するアイデアを構想したり、行動を起こすことを高く評価してくれます。職務の枠を超えたアクションだけでなく、今のJIG-SAWの事業ドメインを超えた提案もしっかり評価してくれます。この場所なら、限界を決めず、いつまでも挑み続けることが可能です。

READ MORE