RECRUITING SITE

JIG-SAWの人材開発

  • 先駆者として自ら学ぶ

    未来を切り拓くPathFinder(先駆者)として時代の変化の先頭を走り続けるJIG-SAWにおいては、何より主体的な学びのスタンスが求められます。もちろん会社として行う研修も充実させていますが研修に頼る姿勢や、人から教えてもらうことを待っているような姿勢では、変化を先取りすることはできません。ここでは世の中の最新情報を常にキャッチアップする向上心・好奇心に溢れた仲間たちが貪欲に自ら学びを高めています。

    先駆者として自ら学ぶ
  • 仲間と共に学ぶ

    そして自ら学ぼうという向上心・好奇心に満ち溢れた仲間たちだからこそ、相互の情報交換や教え合い、学び合いも活発です。JIG-SAWのビジネスフィールドは人類の歴史上、最も進化のスピードが速い世界です。だからこそ、世界中のあらゆる情報にアンテナを張り、自社の価値向上に繋がる情報をお互いにすぐに共有し合う文化が定着しています。

    仲間と共に学ぶ
  • 年次に捉われない権限委譲の文化

    私たちは自ら機会を掴もうとする主体性を尊重し、1年目であっても責任のある仕事を任せています。そしてその中で成果を残すことができたのであれば、2年目からリーダーとして活躍することもなんら珍しいことではありません。日本企業でありながらグローバルにビジネスを展開するJIG-SAWにおいては、旧来の日本型の年功序列は皆無と言っていいでしょう。成長したいという思いに十分こたえる文化がJIG-SAWにはあります。

    年次に捉われない権限委譲の文化
  • 総合職とエリア札幌職

    私たちはビジネスの前に一人一人の人生があると考えています。JIG-SAWはデジタル・ユニバースを支え続けるという壮大なビジョンを掲げていますが、その過程においてここで働く仲間たちが不幸になるようでは本末転倒です。そんな発想を根底に持つ私たちは、北海道で生活することに優先順位をつけたい優秀な人材のために、転勤を伴わないエリア札幌職を設けました。もちろん総合職で札幌での勤務も可能です。
    ちなみに、JIG-SAWに入社するメンバーは日本国内の様々な地域から入社しており、地方出身者の比率も高く、受け入れ風土が整っているというのも特徴です。

    総合職とエリア札幌職
  • キャリアは自分で切り開くもの

    私たちにはキャリアは自分で切り開いていくもの、という思いがあります。もちろん自分の思い通りにならないこともあるのが人生ですが、そんな時でさえ、自分を最高に輝かせるためにその仕事をどうするべきかを考えることが出来る人材は、最終的に自分のありたい姿へと階段を上っていきます。一人一人が自分の未来を見つめることができれば、その集合体としてJIG-SAWの未来もより見えてくるはず。私たちはビジネスに対してもキャリアに対しても主体的な仲間を常に求めています。

    キャリアは自分で切り開くもの