Scroll to Content



Sapporo / Infrastructure engineer
Please tell us about the business advantages of JIG-SAW in their industry.
First of all, we have an automatic operation platform “puzzle” that we have developed. Now that the Internet has spread as much as it has and it has become commonplace to own computers and smartphones, servers that provide services such as web pages and applications are in operation 24 hours a day, 365 days a year. This operation is invisible to users. Puzzle automatically detects and controls operational abnormalities, and notifies the operators instantly. This allows you to recover from failures with minimal downtime for the services you provide.
In addition, I think that the technical value cultivated through platform development and system monitoring/operation experience, as well as experience in associated fault isolation (cause identification) in systems are also advantageous. The system is originally monitored by the customer, and there are many cases where companies outsource to us to reduce their work load. In these cases, based on our experience of monitoring many systems, it is possible to take over the monitoring and operation work as soon as possible by using the customer’s monitoring mechanism.
Please tell us what JIG-SAW has achieved (experience / episode unique to JIG-SAW).
I think that being able to work directly with the servers and cloud services that run a lot of customer systems and services through business is valuable experience unique to JIG-SAW. Usually, SE systems can only be tapped into by the customer themselves.
Until I joined JIG-SAW I had no knowledge of IT at all, but every day I gain more experience and grow thanks to my privileged environment. Based on the knowledge and experience gained in my work, I was able to acquire qualification as an AWS Solution Architect.
One of the themes of JIG-SAW is “automation”. In any field, there is routine work that must be done regularly every day and work that takes time to respond to, but JIG-SAW is actively involved in improving and automating these areas. Of course, there are responsibilities and necessary knowledge associated with our work, but having that experience and being able to use it in daily life gives me motivation. For example, there was a certain system that took more than 2 hours to respond to problems, but it has since been improved to about 10 minutes, and I remember well the feeling of pride I had making those improvements.
札幌 / インフラエンジニア
JIG-SAWの業界におけるビジネス的な優位性について教えてください
まず、自社にて開発している自動運用プラットフォーム「puzzle」の存在があるかと思います。インターネットが普及し、コンピュータやスマートフォンを所有するのが当たり前となった昨今、利用者の目に見えないところでwebページやアプリなどのサービスを提供するためのサーバが24時間365日稼働し続けています。puzzleはそれらの異常を自動検知・自動制御し、必要に応じて自分たちオペレーターへいち早く通知します。これによりお客様の提供されているサービスのダウンタイムを最小限に障害を復旧することができます。
また、プラットフォームの開発や多くのお客様システムの監視・運用経験により培われた技術力やシステム監視およびそれに伴う障害切り分け(原因の特定)の経験値も魅力のひとつかと思います。元々お客様にてシステムの監視を実施しており、業務負荷の軽減のため弊社にご委託いただくケースも少なくありません。そのような場合、多くのシステムを監視してきた経験を元に、お客様がご利用されていた監視の仕組みを利用し、早急な監視・運用業務の引き継ぎをすることも可能です。
JIG-SAWだからこそ実現できたこと(JIG-SAWならではの経験・エピソード)を教えてください
たくさんのお客様のシステムやサービスを動かしているサーバ、クラウドサービスに業務を通じて触れることができることは、JIG-SAWだからこそ体験できた貴重な経験だと思っています。一般的なSEですと触れることができるのは当然自社のシステムのみとなります。元々入社するまではITの知識は全く無かった自分でしたが、恵まれた環境により日々成長を実感しております。業務で得た知識や経験をもとに、昨年は業界でもトレンドとなっているAWSソリューションアーキテクトの資格を取得することが出来ました。
また、JIG-SAWが掲げているテーマのひとつに「自動化」があります。どのような仕事でも業務の中には毎日定期的にこなさなければならないルーチンワークや対応完了するまで時間を要する作業がありますが、JIG-SAWでは年次関係なく業務を行う中で感じた手間がかかる部分の改善・自動化について、積極的に関わることができます。もちろんそれに伴う責任や必要な知識もありますが、自分が先頭に立って業務改善に関わることはまたとないやりがいを感じることが出来ますし、そのために学んだ知識は様々な場面で生かされる大切なものになると思います。例えば以前、対応に2時間以上を要する作業があったのですが、チームの仲間と協力し10分程度で対応できるよう改善されていき、その様は今でも深く心に刻まれています。