Scroll to Content



Tokyo / Infrastructure engineer
Please tell us about the business advantages of JIG-SAW in their industry.
One of the advantages of JIG-SAW’s MSP business is our knowledge of OS at a high level, based on our past experience of Linux development. An environment where a very high level of knowledge and experience about OS’s can be shared exists within the company, aimed at improving the overall technical capabilities of JIG-SAW. Recently things are often structured with serverless architecture and container technology, but understanding Linux (which is the foundation of PaaS services) will continue to be important for an infrastructure operation professional. I think it will continue to be an important skill in the future.
As a second advantage, JIG-SAW provides our customers with the “puzzle” monitoring tool developed in-house, for free. Many customers use puzzle to monitor various IT systems, but using puzzle enables customers to set up a system-monitoring environment without setting up and manage it with JIG-SAW. This reduces the operational burden on customers. In addition, puzzle functions as an in-house tool that is optimally designed for JIG-SAW’s operational system model. By setting up a system that reduces human resources as much as possible, we can provide high-quality services at a low price, which leads to improved customer satisfaction.
Please tell us what JIG-SAW has achieved (experience / episode unique to JIG-SAW).
I think JIG-SAW is a company where individuals can be trusted with a large amount of responsibility, regardless of age. For example, when I was promoting the business as a startup member of our IoT product, the project I was in charge of was analyzing market needs shared internally and utilizing knowledge in industrial IoT. I was trusted and given the responsibility to make various decisions.
Each member can show leadership and make confident decisions, proceeding at their own discretion. Although it was a new market that the company did not have a lot of experience in, our system quickly allowed us to make the right proposals make quick progress with the project. In addition, since it is easy to think flexibly as judgment can be made without being bound by a fixed frame, I think that this will lead to rapid growth of organizations and individuals regardless of whether they are young people or industry veterans.
東京 / インフラエンジニア
JIG-SAWの業界におけるビジネス的な優位性について教えてください
JIG-SAWのMSP事業の、業界の中における優位性の一つに、Linuxの開発をしていた経験による高いレベルでのOSの知見が挙げられます。OSに関する非常に高いレベルの知識経験を社内で共有できる環境が整っており、それがJIG-SAW全体の技術力の向上を図っています。クラウドサービスの浸透とサービスレベルの向上によりサーバレスアーキテクチャやコンテナ技術で構成を組むことが多くなりましたが、PaaSサービスの根幹となるLinuxを理解することは、インフラ運用のプロフェッショナルとしてこれからも重要なスキルの一つであり続けると思います。
2つ目の優位性としてJIG-SAWでは、自社開発の監視ツール「puzzle」をお客様に無償で提供しています。多くのお客様にpuzzleをご利用いただき様々なITシステムの監視をしていますが、puzzleを利用することでお客様は設定不要でシステム監視の環境のセットアップをすることが可能となり、JIG-SAWに管理を任せることができるため、お客様運用負荷の軽減を実現しています。さらにpuzzleはJIG-SAWの運用体制モデルに最適に設計された社内ツールとしても機能しているため、障害発生時の対応や適切な自動化などあらゆる面で運用のサポートをしています。極力人の手を介さない体制を整えることによって、低価格で高品質なサービスの提供が可能となっており、それが顧客満足度の向上につながっていると思います。
JIG-SAWだからこそ実現できたこと(JIG-SAWならではの経験・エピソード)を教えてください
JIG-SAWは年齢に関係なく個人が裁量を持った働き方ができる会社だと思います。
例えばIoTの事業で私が新規事業の立ち上げメンバーとして事業の推進を行っていた際は、社内で共有されている市場ニーズの分析や産業用IoTにおける様々な知見を活かしながら担当している案件を自分の判断で進行していきました。自分の裁量で進めることができるためそれぞれのメンバーがリーダーシップを発揮し、判断を委ねることなく当事者意識を持って動くことができます。社内であまり多くの知見を持っていない業界でのスタートでしたが、それぞれの裁量で判断した結果を社内にフィードバックすることで市場にマッチした提案方法や案件の進行方法の改善を迅速に回す体制ができていました。また定型的な枠にとらわれることなく判断できるため柔軟な考え方が生まれやすいであることから、若手やベテラン関係なく、組織や個人の素早い成長にも繋がっていると思います。