Scroll to Content
A&A事業本部 セールスグループ
2017年入社
なぜJIG-SAWに入社しようと思ったのか・決め手について教えてください
就職活動では志望業界などは特に決めてはおらず、ただ漠然と社会に対して影響のある仕事をしたいと思っていました。
そう考えたときに着目したのは、「ダントツの将来性」。
成長性やマーケットだけではなく、「その企業が将来的に社会的にどれだけ価値があるかということ」も含めての将来性において、JIG-SAWは他社とは全く違って見え、ここなら自分でも面白い成長が実現できそうだと感じて入社しました。
入社前と入社後でギャップはありましたか?
もちろんギャップはありました。
IoTをコアに扱う企業ですから、営業活動も先端技術を提案するスマートなイメージがあるかもしれませんが、一方で出会ったお客様1社1社との縁を大切にし、地道な作業もあります。そんな泥臭い仕事の先にも新たなチャンスが生まれ、自分の成長があると思っています。
また、一見するとJIG-SAWの事業は分かりづらい部分もありましたが、「こんな大規模な案件にも携わっていたの?」と入社した後に驚きました。自分たちのやっている仕事が社会を支えることをしているんだな、と非常に充実感があります。
普段の業務の中で、特に印象に残っている出来事はありますか?
自分なりの仮設を立てた上で、お客様の課題に対する提案を心がけています。商品だけを提案してもニーズがなければ商談が成り立たないからです。例えば「鉛筆を売りたい!」と思っても、今「書かなければならない」というニーズがお客様になければ売れません。そのニーズがないのであれば、「なにかを書きたい」というニーズが生まれるような環境をJIG-SAWからつくっていくことが、営業として大事だと思っています。
また、商談前にお客様の業態を的確に理解しておく事も大切ですね。
社風や職場の環境について教えてください
主体的なメンバーを前線に活かす社風ですね。「上司を追い抜くつもりでやれ」と言われていますし、自分の成績がすぐに評価や給与にも反映されるのでやりがいもあります。そういった社風ですので、新卒の新しいメンバーが入社した際は、どんどん能動的に動いてほしい、と思っています。
今後、後輩の方にどんなことを期待していますか?
18年卒の新卒研修担当を任されることになったので、そこでいろいろな意味で私の姿を刺激にしてほしいです。自分が入社してからJIG-SAWで深い経験をさせてもらっているので、それを研修でも伝えられればと思います。後輩に対しては「1年後は私のようになってほしい」という気持ちもありますし、「私を超える営業になってほしい」という願いもあります。
また、お互い切磋琢磨して、組織として一緒に成長していってほしいですね。