n06

DEVELOPMENT

東京開発・テクノロジー系

2019年入社

学生時代は、数学とコンピューター学を専攻。学んできた知識を活かせるフィールドを求めて、就職活動。選考過程で出会った“人”に惹かれ、JIG-SAWへの入社を決意。2019年、初来日。数学の世界で培った論理的思考力とコンピューター学の知識を活かし、現在、IoTエンジン『neqto:』の開発に携わっている。趣味はギターで、高度なテクニックが求められる“難曲”に挑むのが好き。

未解決問題に溢れ、アイデアを求められ続ける。
それがたまらない。

問題は、難しければ難しいほど、面白い。

難解な数式に対し、正しいロジックを一つ一つ緻密に積み重ねて“解”を導いていく。そのプロセスが私は大好きです。そして問題は、難しければ難しいほど面白い。解決できたときの快感と興奮は最高です。学生時代、数学を専攻していた私は、難解な問題を解いては次を、解いては次をとさらなる刺激と快感を求めて数多くの問題と向き合ってきました。JIG-SAWでの仕事もそれと似た感覚、面白さがあります。現在私は、JIG-SAWが自社開発するIoTエンジン『neqto:』の開発エンジニアとして、ソフトウェア開発、バックエンド開発に携わっています。IoTという領域自体が新しいだけでなく、JIG-SAWという会社は、常に新しい技術革新、新しい機能開発や改善に挑むことがあたりまえのカルチャー。それだけに、複雑高度な難問、テクノロジーの世界で誰も解いたことのないような未解決問題が次々と現れます。ですから自分の“脳力”を常にフル回転。本当にチャレンジングな毎日で刺激的です。新しいことを学び続け、成長し続けていられる環境だと感じています。

誰かのアイデアを待つな。
自分の発想力・思考力を信じろ。

学生時代の私には、IoT領域での経験・知識がありませんでした。それでも、JIG-SAWへの入社を志したのは、天才エンジニアと思える人がたくさんいたからです。面接で多くのエンジニアと出会いましたが、この人たちと一緒に働くことができたら、先端の技術や知見をいち早く学べると直感しました。その直感は間違いではありませんでした。『neqto:』の開発チームはいつも新しいアイデアに満ち溢れています。なぜなら、知識や経験が豊富なだけでなくクリエイティブなエンジニアばかりだからです。ここには、他人がアイデアを考え出すのを待っているだけの人はもちろん、言われたことを言われた通りにやるだけという人もいません。DevOpsプラットフォームを活用しながら、課題管理、バージョン管理、コードレビュー、CI、CD、モニタリングを1つのアプリケーションで行い、ソフトウェア開発の計画からモニタリングまでを効率的に行っています。全員が自ら新しいアイデアを追究し、全員がアイデアを持ち寄って提案をする。そしてそれぞれのアイデアが融合すると、また新しいアイデアが生まれる。そんなスパイラルを起こすのが、私たちの開発スタイルなのです。
その結果、IoT領域においてAPIを増やし、小さな機能実装を重ね、今では、ゼロから設計して自分の担当プロジェクトが出来るようになりました。これは大きな自信につながっています。

難問に熱狂できる者こそが、
パスファインダーとなる。

パスファインダーは常に革新的でなければいけませんが、革新すること・アイデアを生み出すことが日常の光景であるJIG-SAWは、きっとこれからも世界を変えるパスファインダーであり続けると私は思っています。来たる未来社会では間違いなく、世の中のあらゆるモノがインターネットで繋がっています。IoTは、社会を支える交通機関や製造、物流、販売の現場だけでなく、家庭にも広まっているでしょう。それによって、仕事も生活も余暇も、すべてがもっと効率的に快適なものになっていきます。そんな未来社会を築き、そしてその未来が訪れた後もその社会を支え続けていく。JIG-SAWはそういう会社です。
しかしそんな思い描く未来に至るまでには、まだまだ数多くの難問があります。現時点で出現していない課題も次々出てくるはず。だからこそ、私は楽しみでしかたありません。世界がまだ解いていない問題、人類の誰もが苦悩する問題に、これからも挑み続けていけるのですから。

READ MORE